VR Games

VRゲームの「今」がわかる、オンラインマガジン

『VRカノジョ(体験版)』- 体験版なのでお触りはできないけれど、眼前に迫るおパンツ様の作り込みに匠の業を見た!

3Dアダルト・美少女ゲームメーカー「illusion」が贈るVR専用ゲーム『VRカノジョ』のレビュー!残念ながら、体験版なのでお触りはできません。本当に残念です……。

女子校生と一つ屋根の下で……

こんにちは、Boom App Gamesの矢吹です。
いつもはスマホゲームの攻略・レビューしかやっていない私ですが、いつも(個人的に)お世話になっている、3Dアダルト・美少女ゲームメーカーの「illusion」が来年2017年に発売する、VR専用ゲーム『VRカノジョ』の体験版を出したということで居ても立ってもいられず、会社の、会社のVR機器でプレイさせてもらいました。

プレイする直前に"周りに人の気配がないか"や"部屋の鍵を閉めたか"などと注意喚起をしてくれているのに、他の編集者が作業しているフロアで体験するなんて、どんな羞恥プレイでしょうか。
まあ、ヘッドマウントディスプレイ(HMD)をセットしてしまえば、そこは私と夕陽さくらちゃん(登場人物)だけの秘密空間なので、周りの目なんて気にする必要はありませんが……。

閑話休題。
ということで、『VRカノジョ』の体験版をレビューしていきます。
体験版なのでお触りはできませんが、『VRカノジョ』に興味はあるけど、実際に高いお金を出してVR環境を揃える必要はあるのかと悩んでる人は要チェックです!
ちなみに、今回『VRカノジョ』をプレイするのに使ったVR機器は「HTC Vive」です。『VRカノジョ』はこれ以外にも「Oculus Rift」に対応しているとのことですので、どちらか一方を持っている人でも安心です。

また、現在「Oculus Rift」を無料で貸し出すキャンペーンが「illusion」で実施中です。興味がある人は下記記事を参照してください。

プレイ前の注意事項

しつこいようですが、体験版なのでお触りやその他諸々はできません
では、何をするのかと言うと、1にパンツを見る、2にパンツを見る、3・4がなくて5に自分の環境でできるのかをチェックする、でしょうか。

『VRカノジョ』を起動してまず初めに見る画面は、先程紹介したような注意文です。自分が見ている視点をPCディスプレイに映していなければ、他人にパンツを見ているなんて発覚しないとは思いますが、このように奇妙な動きをしているので100%不審がられます。
▲パンツを見るために孤軍奮闘している見苦しい姿。これから実際にプレイヤーが見ている視点のキャプチャーを掲載するので、どの場面でこんなポーズをしていたのか予測してみてください。
プレイする際は、しっかりと戸締まり・音漏れに注意して逢瀬を楽しみましょう。
※設定で"ミラーリング"にチェックをしなければ、ディスプレイに表示されません。

女の子に会いに行く

さて、それでは実際に女の子に会いに行ってみましょう。
注意文が表示された後は、「女の子に会いに行く」もしくは「さくらベンチマーク」のどちらかを選択できます。「???」は"あること"をすると開放されますが、それはまた後ほど紹介します。

ベンチマークなんてどうでも良い!さくらちゃんのパンツを早く見たいんじゃあ!って人は、「女の子に会いに行く」を選択しましょう。もちろん、私はそういう人種なので迷わずさくらちゃんに会いに行きました。

始まりは後ろ姿

目の前に広がるのは女の子の後ろ姿。
何をすればいいのかまごまごしていると、自然にアイコンが表示され、女の子が振り向き、こちらに近づいてきました。
ボタンをきっちり上まで締めて、リボンも完備、優等生ちっくなファッションですね。しかしながら、隠しきれないおっぱいだけは校則違反。公式サイトのプロフィールには"秘密"と書いてありますが、C~D、いやそれ以上の可能性もあるのではないでしょうか。
残念ながら脱がすこともできなければ、触ることもできないので、その全容を知ることはできません。次の体験版(があれば)か、製品版が待ち遠しいです。

Let's look at her pants

では、彼女が椅子から立ち上がったところでお待ちかねのパンツタイムです。

背景や小道具などについて触れなくてていいのか、ですって?
……いりますか?
キャプチャーを見ていただければ、なかなかのクオリティということがわかっていただけると思いますし、自然な背景をVRで堪能したい方は、それに特化したゲームに手を出せばいいと思います。
ここで肝心なのは、パンツを見ること、それが大宇宙の誇りです
ということで、早速しゃがんで見ましょう。

普通は見ることのできないアングル

Nice PANTS!
(和訳:素晴らしいパンツですね!)

パンツから伸びる脚や尻の健康美もさることながら、しっかりとパンツの皺や肌の締めつけ感が表現されており、間近に迫るとつい触れてみたくなる現実顔負けのクオリティです。

え?パンツ画像はどうしたって?

……残念ながら本当に残念ながら、パンチラは諸般の事情で見せることができません!
illusionの過去作をやったことがある人は、現在の最新作「ハニーセレクト」に負けず劣らずの描写、やったことがない人はジャ◯プSQで連載中の「ToL◯VEる-と◯ぶる-ダ◯クネス」のパンツを想像してもらえれば、『VRカノジョ』のクオリティを推測できると思います。

それだけ良いということです。
▲それでも見たい尻があるんだ!
さて、パンツの話はこれくらいにして、下半身だけじゃなくて上、ずばりブラジャーも見たいですよね。いえ、ずっとパンツを見ていても飽きることはないのですが、やはり上下セットのようなものではないですか、パンツとブラジャーは。
しかし、さくらちゃんは制服をしっかり着ているので、ブラチラの隙がありません。ふと、制服とブラジャーの間(制服|視線→|ブラジャー|おっぱい)に挟まれば、制服の中を見ることができるのではないかと思い、さくらちゃんに接近してみましたが、眼前に広がるのは空洞のみ。
残念ながら体験版ではブラジャー、そしてそこに隠された突起物を見ることはできないようです。
では、パンツ覗きを再開しましょう。
今度は後ろからではなく、前から……ん?
何か表示が出ていますね。
「スカートの中を覗きますか?」
YESNO

どういうことでしょうか。
今現在もスカートの中を余すこと無く堪能していますが、YESを選べばこれ以上のものを見ることができるということでしょうか。
いや〜ん。まいっちんぐ!
ええ、もちろんYESを選択しましたとも。当たり前じゃないですか。
さて、どんな桃源郷が見られるのでしょうか。
なんと、扇風機が稼働してさくらちゃんのスカートが捲くれ上がっているではないですか!
少しスカートを押さえつけているのもまたポイントが高いです。

先程のように下から覗いて執拗に眺めるのも良かったですが、このように自然、とは言い難いですが、現実でも起こりえそうな風のいたずらでパンツを拝見できるのもまたなものですね。(結局下から覗くことには変わりないのですが……)
残念ながらこのモードは制限時間があるようで、あれやこれやと別アングルを堪能したかったのですが、タイムリミットがきてしまいました。延長とかはないので、黒服のお兄さんに強制退店されるパターンですね。お触りもしていないのに……!

バイバイじゃない、またねだ

制限時間になると体験版は終わりです。
さくらちゃんが手を振ってお別れの雰囲気を醸し出しています。
ちなみに、選択肢で「NO」を選ぶとパンツを覗くこともなくエンドロールです。

もう一度会えることを信じて、「またね」と呟いて終わりましょう。

さくらベンチマーク

ベンチマークはどうでも良いと言ったら、あれはだ。

ということで、ベンチマークを計測します。
ベンチマークは高ければ高いほどそのゲームがスムーズに動く指標を表します。この数値が低いと、ゲームの設定(クオリティ)が自分のPCのスペックに合っていない=スムーズに動かない=カクカクに動くということになります。
『VRカノジョ』の場合、クオリティは数段回設定できます。もし、一番低い設定でカクカクになっているのなら、PCのスペックを向上させたほうが良いかもしれません。
と、対外的な話はこのくらいして。
おパンツ様カムバックです。

透明人間になったつもりで

ここらから先は、この感動を味わって欲しいと自分はモニターでチェックしながら、別のライターにプレイさせてみました。
ベンチマークを計測している間、さくらちゃんが寝ている姿を堪能することができます。もちろん、制服姿なのでスカートの中は覗き放題です。
しかし、プレイヤーは吹っ切れていないのか、さくらちゃんを見ずに部屋の中を見たり、ベンチマークを見るのを口実に少しのパンチラを見るだけに終始していました。
みなさんわかりますか?これが本当のスケべってやつです。
さて、ベンチマークを計測し終えるとスコアが表示されます。
体験版を体験した人は、このスコアを基準にクオリティの設定やPCの買い替えなどを検討すれば良いと思います。

ムフフ

最後に「???」です。
これは「さくらベンチマーク」をすることで解放されます。
ついにお触りができるように!?と、モニター越しに見ている自分も期待に胸、というより下半身に血が集まりそうでしたが、そんなことはありませんでした。

タイトル画面に表示されるのは「扇風機になりたい」。
最高に馬鹿らしい(褒め言葉)表記です。
どのような状態にさせてくれるのでしょうか。さっそく扇風機になってみましょう。

扇風機になりたい

扇風機になりました。
自分の視線を変えることで扇風機が上下左右に動き、それに合わせてさくらちゃんのスカートを風にたなびかせることができます。

そこで私は考えました。
自身が扇風機になっているのなら、近づけば近づくほど風の影響が強くなり、スカートを大きく捲れるのではないか、と。ただし、そんな天才的な発想してもプレイヤーが動かなければ意味がありません。
プレイヤーを前に行くように誘導するとパンチラではなく、パンモロを拝むことができました。
ありがたや……。
やはり諸般の事情で画像を掲載することができませんが、自分が扇風機になるという馬鹿げた妄想を実現できるこのモードを実行した方は、是非とも強風でスカートを翻し、眼前に広がるパンモロを堪能してください。

ドリームマシーン

制服姿の女性と一緒の部屋で戯れる、学生時代にそんな行為ができなかった人、今現在高い金を出してプレイしている実行力のある人、単純に現実の女から逃げたい人、みんなまとめてお待たせしました

ドリームマシーンの完成です。
少子化が加速する?知ったことではありません。どうせ、ゴミ箱に捨てられる一億の生命ならば、さくらちゃんに捧げるのがというもの。
体験版だけで太鼓判を押せるのですから、これ以上ができるようになったら、もうどうなるのでしょうか。枯れるのでしょうか。

ともかく、VRのアダルト動画も最近はリリースされていますが、自分では動くことができないのでやきもきすると思います。
しかし、『VRカノジョ』なら『VRカノジョ』なら、そこにあるおっぱいに、パンツに、中身に手が届く!

体験版だけでも使えます
VR環境がある方、これから導入しようと思っていた方、さくらちゃんに興味がないと思っていても、3Dアダルトゲーム初のVR専用ゲーム、未来の先端に触れてみるのはいかがでしょうか。
まあ、私個人としては、「メガネ姿を見られるのが恥ずかしい」という文面で、こいつ何言ってんだって気持ちになりましたけど。
✖︎

最新記事

VRとは

コンピューター用語で、Virtual Reality(バーチャル・リアリティ)の略。

Virtual=(形容詞)仮想の、虚像の
Reality=(名詞)現実、実体
日本語では、「仮想(人工)現実」とも呼ばれています。

特別な装置を身につけた体験者が、映像・音声・触感・体感などが生成されたコンピュータによって作り出される仮想の3D空間で、センサーで動作をとらえることによって、その空間に実際にいるような感覚で擬似体験することです。

VRについてもっと詳しく