VR Games

VRゲームの「今」がわかる、オンラインマガジン

【HMD情報】ハコスコ「ハコスコ」基本情報

「ハコスコ」は、スマホとビューワーで、手軽にVR(仮想現実)を体験できる、スマホVRサービス。ビューワーと呼ばれるシンプルなHMDを使用します。ゲームよりも映像体験を楽しみたいVR入門者にぴったりです。

目次
「ハコスコ」ってどんなHMD? ~ 基本情報 ~
何をそろえればいい?予算は?
専用/対応コンテンツ(アプリ)
どこで買えるの?どこで試せるの?

「ハコスコ」ってどんなHMD? ~ 基本情報 ~

「ハコスコ」は、スマホと簡易VRビューワーで手軽にVR(仮想現実)を体験できる、スマホVRサービスの名称です。
名前の由来は、箱+スコープ=「ハコスコ」。

その最大の魅力は、ビューワーの価格のお手軽さ。
希望小売価格は、1,200円(税・送料別)~です。

製品自体の種類は多くはありませんが、VR入門には十分なラインナップ。
大きく分けると、「一眼モデル」と「二眼モデル」の2種類があります。
■ハコスコDXの場合(二眼モデル・プラスチック製)
2枚のレンズと間仕切りで構成されたサイドバイサイドと呼ばれる方式によるスマホVRビューワーで、両眼視差によってより立体的に映像を見ることができる。DXの対応する頭部のサイズは、バンドによる調整によって全周45cm程度まで可能。
ハコスコ公式アプリの他、Google Cardboardなども楽しめる。
視差を利用した二眼モデルとなり、 二眼の一般的な推奨年齢は7歳以上となっているため、幼児の利用は不可。

■ハコスコの場合(一眼モデル・ダンボール製)
手で持って使用するタイプで、1枚のフレネルレンズを使ったモデル。
頭部の大きさは関係なく、小さな子どもでも使用可能。誰でも手軽に360°映像を楽しめる。

基本スペック

現在、5つのビューワーが販売されています。(2016年8月30日時点)

サイズや重量、材質、使用感は、製品によって異なります。
比較しつつ購入を検討してみてはいかがでしょうか。

(引用元:http://hacosco.com/product/

概要本体サイズ対応最大スマホ価格
ハコスコ タタミ1眼(T1)iPhone5から6Plusサイズまで対応の持ち運びに便利な折りたたみタイプの1眼。 16.2 x 16.0 x 8.5mm160 x 80 x 10mmまで1,200円(税・送料別)
ハコスコDX2(デラックス2)本体重量: 378g193 x 140 x 101 mm~170 x 60〜80 x ~12 mmまで6,000円(税・送料別)
ハコスコ タタミ2眼(T2)iPhone5からPlusサイズまで対応の持ち運びに便利な折りたたみタイプの2眼。16.2 x 13.0 x 8.5mm160 x 80 x 10 mmまで1,200円(税・送料別)
ハコスコDX(デラックス)プラスチック製DXシリーズのエントリーモデル。ヘッドマウントディスプレイとして、頭に固定できるようにゴム製のベルトが付属。軽量でお手軽。13.4 x 10.7 x 6.8 mm160 x 85 x 10 mmまで3,000円(税・送料別)
Google Cardboard V2Googleが提供するCardboard図面に合わせて、ハコスコが製造を行った、二眼のダンボール製スマホVRビューワー。二眼レンズを前提とした、Cardboad対応アプリがお楽しみ頂けます。15.4 x 8.9 x 8.5 mm130~160 x 80 x 10 mmまで1,500円(税・送料別)

ここがすごい! ~ 特長 ~

ビューワーの魅力は、低価格であることだけではありません!

段ボール製の持ち運びに便利な折りたためるモデルは、カスタマイズもしやすく、いつでもどこでもVRを楽しめるのがポイント。
シンプルな構造と低コストに抑えた素材でできているため、VR入門にぴったりです。

また、ハコスコアプリやハコスコストアでは、360°動画に特化したコンテンツの提供もあるため、パノラマ動画を見るだけでなく撮影して投稿するという楽しみ方もあります。

何をそろえればいい?予算は?

基本的には、ハコスコ公式アプリもしくは対応アプリをダウンロードしたスマートフォンがあれば、ビューアを購入するだけのコストでVRコンテンツを楽しむことが可能です。
対応アプリは、容量が大きいこともあるので、最新のOSを入れた新しめのスマートフォンだと安心です。

全モデルで4~6インチ(iPhone5〜6 Plus)サイズのスマホに対応しています。

各種スマホの詳しいサイズ対応については、こちらをご覧ください。
http://hacosco.com/compatibility/

専用/対応コンテンツ(アプリ)

ハコスコ公式アプリが、Android・iOSそれぞれでリリースされています。

ハコスコアプリ
for Android on Google Play Store
for iOS on Apple App Store

また、360°アプリでハコスコを使えば、VR体験をより一層楽しむことができます。

その他のアプリについてはこちらもチェックしてみてください。
http://hacosco.com/app/

どこで買えるの?どこで試せるの?

ハコスコ公式サイトから「購入する」をタップすると、Amazon.co.jp内のハコスコ商品ページに遷移し、そちらで購入することが可能です。

また、その他取り扱い店舗もあるようなので、ネットで検索してみてください。
「ハコスコ」は、個人で楽しむのはもちろん、VRプロモーションとの親和性も高い製品。いろいろな企業ですでに採用されているようです。
今後もどんなプロモーションに活用されるか、楽しみな簡易ビューワー。みなさんの身近なところでも登場するかもしれませんね。
✖︎

最新記事

VRとは

コンピューター用語で、Virtual Reality(バーチャル・リアリティ)の略。

Virtual=(形容詞)仮想の、虚像の
Reality=(名詞)現実、実体
日本語では、「仮想(人工)現実」とも呼ばれています。

特別な装置を身につけた体験者が、映像・音声・触感・体感などが生成されたコンピュータによって作り出される仮想の3D空間で、センサーで動作をとらえることによって、その空間に実際にいるような感覚で擬似体験することです。

VRについてもっと詳しく