VR Games

VRゲームの「今」がわかる、オンラインマガジン

初代ドドンパのスリルをそのまま体験!富士急ハイランドにVRアトラクション『ほぼドドンパ』登場!

富士急ハイランド(山梨県富士吉田市)にて、2016年12月9日(金)より、日本最速絶叫コースター「ドドンパ」をバーチャルリアリティで楽しめるVRアトラクション『ほぼドドンパ』がオープンします。

10月2日をもって営業休止中である、富士急ハイランドの絶叫コースター「ドドンパ」が12月9日より全天候型VR(バーチャルリアリティ)アトラクション『ほぼドドンパ』として復活します。

『ほぼドドンパ』は、「ドドンパ」のホームに停車中のライドに乗り込み、ヘッドマウントディスプレイ(ゴーグル型の映像投影機/Galaxy GearVR)とヘッドホンを装着して、左右上下360度見渡すと、目の前に発射に向けて準備中のシーンが広がります。ライドが発射する映像がスタートすると、1.8秒で時速172km/hに到達する圧倒的な加速力、身体が真横に傾いたまま疾走する大カーブでの振り飛ばされそうな感覚、現実の世界では姿を消し去ってしまった高さ52mタワーの垂直上昇・垂直落下など、初代ドドンパをパッケージした内容を、ホームにいながらにして臨場感そのままの絶叫体感をお楽しみいただけます。

 二度と初代ドドンパに乗ることができない、と悲嘆にくれているドドンパファンのみなさま。この冬、まったく新しいカタチでドドンパをお楽しみいただける、VRアトラクション『ほぼドドンパ』にご期待下さい。

VRアトラクション『ほぼドドンパ』概要

オープン日
2016年12月9日(金)
所要時間
約3分
定員
16名(8名×2台)
ホーム常設のドドンパの車両にて体験
利用料金 
13歳以上 500円
7歳~12歳 300円
※フリーパス利用可
利用制限
7歳以上利用可能
※メーカーの規定上、7歳~12歳のお子様は「Galaxy GearVR」は利用不可のため、お子様用の機材でご体験頂きます。 
✖︎

最新記事

VRとは

コンピューター用語で、Virtual Reality(バーチャル・リアリティ)の略。

Virtual=(形容詞)仮想の、虚像の
Reality=(名詞)現実、実体
日本語では、「仮想(人工)現実」とも呼ばれています。

特別な装置を身につけた体験者が、映像・音声・触感・体感などが生成されたコンピュータによって作り出される仮想の3D空間で、センサーで動作をとらえることによって、その空間に実際にいるような感覚で擬似体験することです。

VRについてもっと詳しく