VR Games

VRゲームの「今」がわかる、オンラインマガジン

【VRビギナー】2016年はVR元年!?「VR(バーチャルリアリティ)」って一体何のこと?

「VR」という単語、最近よく話題になっているけど、そもそも何のこと? まずは、VRの基本をおさえておきましょう!

用語説明

「VR」の持つ意味を知っておきましょう!
目次
用語説明
VR(ブイアール)とは?
AR(エイアール)との違いは?
2016年が「VR元年」と呼ばれているのはなぜ?

VR(ブイアール)とは?

コンピューター用語で、Virtual Reality(バーチャル・リアリティ)の略。
直訳すると、それぞれこんな意味があります。
Virtual=(形容詞)仮想の、実質上の
Reality=(名詞)現実、実体

日本語で「仮想(人工)現実」とも呼ばれるVRですが、簡単に説明すると、「人工的に作り出された世界を現実のものと知覚させる技術」のことです。

広義では、実際に存在する世界をほかの場所で映像などを通して体験させることも含むようですが、一般的には、コンピュータなどによって作り出される仮想空間を体験することで、まるでその空間に本当に存在しているような感覚(現実感)になる状態を指しています。

現在のVR技術では、体験者が特別な装置を身につけ、映像・音声・触感・体感などが精巧に生成されている3D空間に「没入」することで、現実と現実感が差し替えられたような感覚になるところまで進んでいます。
また、同時に体験者の動作をセンサーでとらえることによって、空間内でより現実味を帯びた動作体験を可能にさせています。

航空・医療・軍事などのシミュレーションをはじめ、芸術・エンターテイメントといった分野でも利用が進められており、今後ますます身近な存在の技術になるよう開発が期待されています。

AR(エイアール)との違いは?

ARもコンピュータ用語で、Augumented Realityの略。
日本語では、「拡張現実」と呼ばれています。
「現実世界を拡張する技術」のことです。

仮想空間に没入させることで現実感と現実を差し替える「VR」とは違い、コンピュータによって今いる現実の世界に映像を透過して映し出す、もしくは、現実の世界が映り込んだディスプレイなどの上に映像を映し出すことで、現実の一部のみを付加・改変します。
現実の空間や物体と仮想の物体を相互に作用させることによって、体験者がより自然な感覚で提示される情報をとらえることが可能になります。

すでに数年前から話題になっているAR。多くはVRで使われている技術の応用ですが、特別な装置を身につけて体験する以外に、スマートフォンなどを利用して手軽に体験できるようになっています。
VRと同じく幅広い分野での活用が今後も期待されています。

2016年が「VR元年」と呼ばれているのはなぜ?

今まで、VRの技術は専門分野での利用がほとんどでしたが、徐々にエンターテイメント分野にも広げられつつあります。
今年に入って、一般消費者向けにヘッドマウント型VR機器の発売が相次いだことが大きな動きとして注目され、ゲーム業界を中心に盛り上がりを見せています。

例えば、こちらの動画で体験者が装着しているのは、今年発売の製品。
高性能でありながら一般消費者にも手が届く価格帯で商品化された「Oculus Rift」、「HTC Vive」、「Galaxy Gear VR」、「PlayStation®VR」といった多くの製品が、今年販売開始(一部は予約)となっています。
より手軽に体験できる格安版のものもリリースが相次いでいます。
大手はもちろんベンチャー企業の参入により、家庭用VR機器の開発競争が激化してきているようです。

VRコンテンツ(ソフトやアプリなど)の提供も増え、機器の発売に合わせて、今年は数多く発表されています。

さらに、VRが体験できるイベントも各地で数多く開催されています。

少しずつ身近な存在になりつつあるVR。
VRゲームを一つとって見るだけでも、その進化には著しいものがあります。
今後の動向に注目したい技術です!
✖︎

最新記事

VRとは

コンピューター用語で、Virtual Reality(バーチャル・リアリティ)の略。

Virtual=(形容詞)仮想の、虚像の
Reality=(名詞)現実、実体
日本語では、「仮想(人工)現実」とも呼ばれています。

特別な装置を身につけた体験者が、映像・音声・触感・体感などが生成されたコンピュータによって作り出される仮想の3D空間で、センサーで動作をとらえることによって、その空間に実際にいるような感覚で擬似体験することです。

VRについてもっと詳しく