VR Games

VRゲームの「今」がわかる、オンラインマガジン

【HMD情報】IMMEREX「VRG-9020」基本情報

Immerex社の「VRG-9020」は、一体型VR HMDのハイエンド機種。スマートフォンやハイスペックPCなどとつながずに動作可能、かつ4K対応の高画質でありながら、わずか200gの超軽量ボディを実現させていて、メガネのようにスマートなデザインが印象的です。発売時期が未定で、まだ情報が出揃っていないこちらの機種ですが、現時点でわかっている情報をまとめてみました。

目次
「VRG-9020」ってどんなHMD? ~ 基本情報 ~
何をそろえればいい?予算は?
どこで買えるの?どこで試せるの?

「VRG-9020」ってどんなHMD? ~ 基本情報 ~

アメリカに本社をかまえるImmerex社は、2014年に創業でコンテンツの作成からVR機器までを手掛けている企業。
R&D(研究開発)センターはカリフォルニアにあり、オフィスは日本・アメリカ・中国・韓国などに置かれています。

日本での展開は、アリアドネスレッドジャパン株式会社が行っています。

先日開催されたTGS2016において、かなり注目を集めていたこちらの機種。
ハイエンド一体型機種としてはかなり重量をおさえたデザインに、近未来的な印象を受けます。
類似品としてあげるならば、LG社の「LG 360 VR」が該当するかもしれません。

世界最大規模のコンピューターゲーム見本市E3 2016でのお披露目の様子が動画にあがっていたので、参考までにご覧ください。
「VRG-9020」は、まだ公開されていない情報が多いため、最新情報は、公式サイトやプレスリリース等でのアナウンスを待つ必要があるようです。
現時点で、CEO Adam Li氏の発言などからわかる範囲での情報をまとめてみました。

商品名/型番VRG-9020
発売日2017年後半?
希望小売価格未定

基本スペック

今のところわかっているスペックは、特長となっている軽量ボディで高解像度というデータのみ。

重量約200g(本体のみ)
厚さ34.00mm
ディスプレイ解像度片側1080ピクセル
視野角不明


付属品のVR media box(腰のベルトなどにクリップでとめられる小型のコンピュータのようなもの)にケーブルで接続して使用するようです。

ここがすごい! ~ 特長 ~

一体型のVR HMDやPCに接続するタイプのハイエンドHMDの重量は300g以上のものがほとんどなのですが、「VRG-9020」は200gという軽さを誇っています。

また、ゴーグルタイプのデザインが、スタイリッシュなイメージを与え、VRの持つ、特異性を払拭。コンパクトに折り畳みが可能なため、携帯しやすく、いつでもどこでもVR体験が可能になります。

これで、本格的なVR体験がより身近に感じられるようになるかもしれません。

何をそろえればいい?予算は?

一体型のHMDなので、基本的には本体のみですぐにVRの世界を体験できます。
ただし、本体価格の発表はまだありません。

TGS2016では、パノラマカメラ「VRS-7000」も登場!
360度の撮影が可能なため、映像コンテンツを自分で作成し楽しむことができます。

専用コントローラは、今のところ発表されていません。

コンテンツによっては、有料のものもあります。

予算は、今のところどれくらいかかるかわかっていません。

専用/対応コンテンツ

こちらも、詳細は明らかにされていませんが、公式サイトから拾った情報を下記に掲載しておきます。

(引用元:http://www.immerex.com/jp/content.html

VR映像に関しては、
ハリウッドの映像娯楽の巨匠と深くコラボレーションして、ハリウッドの制作チームと手を組んで、映画レベルのVRコンテンツの製造技術と工程流れなどを齎した。

VRゲームに関しては、
手軽くて持ちやすいimmerexは各プレイヤーに拘束なく、より順調なVRゲーム体験を齎す。ImmerexとVRゲーム開発チームとの提携によって、より多くのゲームコンテンツが出てくる。

また、VRアプリケーションに関しては、
immerex専用のSDKにより、VR旅行、VRブラウザーなどのシステムレベルのアプリケーションを含んだVRユーザの要望に満足できるアプリケーションを構築することができる。

との説明がありました。

映像分野での充実度がうかがえます。

どこで買えるの?どこで試せるの?

アジアでは、日本および中国のマーケットでの早期展開が期待されています。
2017年後半の発売を目標に、さらなる改善が行われるとのこと。

そして、オンラインを中心に販売されるとみられていますが、実際に試す機会も重要視されているようなので、体験が可能な実店舗での販売もありえます。
体験会などのイベントの開催も期待できそうです。
まだまだ、情報が小出しのこちらの機種。
2017年に入ってからの動きに注目しましょう。

(記事内のすべての情報は、2016年10月19日現在のものです。)
✖︎

最新記事

VRとは

コンピューター用語で、Virtual Reality(バーチャル・リアリティ)の略。

Virtual=(形容詞)仮想の、虚像の
Reality=(名詞)現実、実体
日本語では、「仮想(人工)現実」とも呼ばれています。

特別な装置を身につけた体験者が、映像・音声・触感・体感などが生成されたコンピュータによって作り出される仮想の3D空間で、センサーで動作をとらえることによって、その空間に実際にいるような感覚で擬似体験することです。

VRについてもっと詳しく